ヒアルロン酸の保湿成分

保湿に効果的な成分の1つとして、ヒアルロン酸は、さまざまな化粧品に含まれていますが、あまりにも販売されている種類が多すぎて、何を選べばいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。保湿力が高いというイメージだけで選んでいる人が多いようですが、ヒアルロン酸の保湿効果についてきちんとした知識を持っている人は少ないようです。

まず、保湿成分については、3つの種類があることを知っておきましょう。保湿成分とは、表皮の中に含まれることで、肌の水分量を保つ効果があるのですが、外気の水分である湿気に吸着して保湿する成分と、湿度に関係なく水分を多量に含んで肌に浸透することによって保湿する成分と、水分を組織のなかに挟み込んで保湿する成分と分かれています。

湿気を吸着する保湿成分は、外気の湿度が高い場合には、保湿力も高くなりますが、外気の水分が少なくなってしまうと、保湿力も低下してしまいます。次に、肌の表面や角質層において水分を抱え込むようにして保湿する成分は、外気の湿度が高くても低くても保湿し、肌に潤いを与えることができる成分です。その代表的なものとして、ヒアルロン酸が挙げられるのです。最後に、セラミドのように、油性の層を作ることによって、その間に水分を挟み込み、高い水分保持力を持つ成分があります。この成分が、肌にとって水分を保持する力が最も高いといえるでしょう。ヒアルロン酸は、肌に塗った際に、天然保湿因子と似ている働きをすると言われています。

○管理人注目サイト
ヒアルロン酸の保湿効果などを解説しているサイトです・・・ヒアルロン酸 効果